SUMAINO-BLOG

住まいについての知っておきたいを集めた情報ブログ"スマイノ"

仲介手数料の支払額

部屋を借りる

賃貸の仲介手数料はいくら?上限金額と手数料無料の理由について

投稿日:

部屋を借りるときに、不動産会社に払う仲介手数料には上限があるのを知っていますか?

ちゃんと法的に上限金額が決まっており、適当に不動産会社決めているわけではありません。

部屋を借りる際には仲介手数料がかかることが大半です。しっかりと予算に組み込んでおくために、仲介手数料がいくらになるのか、上限はいくらかということを知っておきましょう。

また、たまに見る「仲介手数料無料」の物件がなぜ無料でやれるのかについても紹介します。

スマイノさん
部屋を借りるときにかかる諸費用の1つ仲介手数料についてです。

ホシイさん
高いよねー。

居住用不動産の賃貸における仲介手数料

仲介手数料とは、不動産会社が貸主と借主の間に入り、契約に至ったときに貰える報酬です。賃料や、敷金、礼金などは大家さんに渡すお金ですが、仲介手数料は不動産会社へ支払うものということになります。(場合によっては賃料なども不動産会社に支払い、不動産会社から大家さんに支払う場合もあります。)

たまに仲介手数料なしにして欲しいという意見を聞きますが、それだと不動産会社はタダ働きするということになるのであり得ません。

賃貸における仲介手数料は、基本的には月額賃料の1ヶ月分+税を部屋を借りるあなたが支払うことが多いでしょう。とりあえず、これを覚えておけば問題はありません。

賃貸の仲介手数料は月額賃料の1ヶ月分+消費税が上限

1ヶ月分になる理由を下に書いておくので興味があればお読みください。

ホシイさん
何も考えず月額賃料の1ヶ月分+税と覚えておけば問題ないんだね。

スマイノさん
ここから下は一般知識の説明です。

一般論として上のように説明しましたが、実際は次のような取り決めがあります。

借りる人が払う額 大家さんが払う額
月額賃料の0.5ヶ月分以内+税 月額賃料の0.5ヶ月分以内+税
ただし承諾があればいずれか一方のみから受け取ることもできる。その場合の上限は月額賃料の1ヶ月分+税。

仲介手数料を0.5ヶ月分支払う図

不動産の賃貸の際に不動産会社に支払う仲介手数料は、上のように上限金額が決まっています。

不動産会社が賃貸の仲介で受け取る手数料は、賃料の1ヶ月分に消費税を加えた金額が上限です。
つまり、月額賃料×1.08が上限。

居住用の建物の賃貸借の場合、借主と貸主それぞれ月額賃料の0.5ヶ月分に消費税を加えた額までを限度としています。ただし、承諾があればいずれか一方から月額賃料の1ヶ月分に消費税を加えた額までを受け取ることができます。ちなみに、居住用以外の不動産の賃貸であれば、仲介手数料が月額賃料の1ヶ月分以内であれば借主貸主の負担割合に取り決めはありません。

ホシイさん
承諾しなければ0.5ヶ月分が上限ってこと?

スマイノさん
そうもいきません!はじめに紹介したように1ヶ月分のことが多いんです。

なぜ部屋を借りる人が1ヶ月分払うのか

はじめに書いたように、部屋を借りる人が月額賃料の1ヶ月分を負担するのが大半です。

部屋を借りる人と大家さんがそれぞれ0.5ヶ月分ずつ負担してもいいはずなのですが、実際にそうなることは少ないです。

あれ?上の説明では「承諾があればいずれか一方から」とあったけど、承諾なんてした覚えないんだけど…という人もいるでしょう。
これは、重要事項説明書や物件の案内などに、仲介料を賃料の1ヶ月分を負担するように説明または記載していることで承諾とみなすことが多いです。なので、気が付かない間に承諾していた、ということもあるかもしれません。

なんかずるくない?と思った人もいるでしょう。
とは言うものの、大家さんは仲介手数料を1ヶ月分支払ってくれることを条件に部屋を貸そうと募集しているのです。なので、「1ヶ月分の支払いを拒否し0.5ヶ月分しか払わない」としたくても、大家さんはその条件では貸せないということになります。つまり、「0.5ヶ月分ずつ」という決まりがあっても、大家さんは1ヶ月分を支払うことを承諾してくれる人を募集しているため、実際は借りる人が賃料1ヶ月分の仲介手数料を払わざるをえない状況です。

仲介手数料を借りる人が1ヶ月分支払うのが一般的の図

ホシイさん
貸す側に立てばそうなるけど、なんか悔しい…。

例)月額賃料6万円のワンルームマンションを居住用として借りました。敷金は12万円、礼金は6万円でした。ではこの部屋を借りるあなたが払う仲介手数料の上限はいくらでしょう。

居住用の不動産の賃貸における仲介手数料は、月額賃料の0.5ヶ月分+税となります。つまり6万円×0.5×1.08=32,400円(税込)になります。ただし、一般的に大家さんとの取り決めにより、借主であるあなたが仲介手数料を全額負担することとなります。つまり、6万×1.08=64,800円(税込)となります。

手数料無料の不動産会社の謎を説明

不動産会社の中には、「仲介手数料無料!」としている会社もあります。

仲介手数料が無料だと、不動産会社はタダ働きになっちゃうんじゃない?そう不思議に感じますよね。

しかし、これには理由があります。
上でも紹介したとおり、不動産会社は仲介手数料は借りる人と大家さんから受け取ります。つまり、借りる人が払わないということは、大家さんが負担するということになるんです。

賃料1ヶ月分を上限に、大家さんが不動産会社に仲介手数料を支払うことにより、借りる人は仲介手数料が無料となるのです。

これは、大家さんが入居者を早めに決めたいので、大家さんが仲介手数料分を値引きして入居者募集をしていることが考えられます。

仲介手数料を大家さんが負担して借りる人が手数料無料となる図

ホシイさん
借りて欲しい物件は負担してくれることもあるんだね。

スマイノさん
相手も商売ですから、そういうものですよね。

まとめ

  • 賃貸不動産の仲介手数料は賃料の1ヶ月分が上限
  • 居住用の不動産の場合は借主貸主でそれぞれ賃料の0.5ヶ月分が上限
    ただし承諾があればどちらか一方からでも可能
  • 手数料無料の物件は大家さん(貸主)が負担してるから

住む家・部屋を借りるときに、不動産会社へ支払う仲介手数料は賃料の1ヶ月分が上限だということを覚えておきましょう。

それだけ覚えておけば、とりあえずは大丈夫です。その他のことは予備知識として覚えておくと、もしかしたら役立つときがくるかもしれません。

仲介手数料がいくらになるのかが分かっていれば、引っ越しの際の予算組がしやすくなります。引っ越しのときは仲介手数料の事も忘れずに予算に入れておきましょう。

ホシイさん
1ヶ月分ってけっこうキツイ。

スマイノさん
その場合は選択肢は狭まりますが、手数料無料の物件を探すしかないですよ!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-部屋を借りる

Copyright© SUMAINO-BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.