SUMAINO-BLOG

住まいについての知っておきたいを集めた情報ブログ"スマイノ"

部屋を借りるときの諸費用をイメージした画像

部屋を借りる

賃貸マンションやアパートなど部屋を借りるときに必要な諸経費

更新日:

賃貸マンションやアパートなど部屋を借りるとなったとき、あなたは予算を決めて部屋を探すはずです。

そんなとき物件情報を見て目が行くのは賃料のはず。
ですが、賃料だけを見ていては予算を把握することはできません。

なぜなら、部屋を借りる場合は賃料以外にもいろいろな諸費用が必要となってくるからです。

敷金、礼金、仲介手数料など、その額は賃料の5,6ヶ月分かかることもよくあります。しかも、それを契約時(入居時)にまとめて支払うことになるのです。

つまり、諸費用を理解して予算を組まないと、部屋を借りることさえできないのかもしれないのです。

ここでは、部屋を借りる祭に必要な諸費用について紹介します。

ホシイさん
引っ越しってお金かかるね…。

スマイノさん
ですね。はじめにまとまったお金が必要なので大変です。

部屋を借りるときに必要な諸経費

部屋を借りるときは、月額料金を支払えばいいというものではありません。

賃貸契約をしたあと、賃料以外にもまとまったお金を支払う必要があります。

概ね次のような費用があることは覚えておいて損はありません。

また、地域や物件・契約によって、必要だっだり除外されていたりするものがあります。

賃料

部屋を借りるために必要なのが賃料です。

部屋を借りるときの予算といえば1番に賃料を思い浮かべますが、この賃料に加え他にも諸費用がかかります。

基本的に賃料は前払いです。入居の月(契約した月)については、入居の前に賃料を支払うことになります。月の途中の入居の場合、1ヶ月分以上を支払うことになるかもしれません。

管理費・共益費

賃料に含む場合と、賃料とは別途価格が設定されている場合があります。

建物の維持管理のためにに使われるとの意味合いがあります。例えば、共用部の清掃や電気代、備品代が想定されます。

礼金

礼金は貸主に支払います。
賃料の0〜3ヶ月分程度の金額であることが多いです。

昔からの慣習で大家さんにお礼の意味で支払うお金です。最近では礼金の慣習が薄まってきつつあり、礼金を取らない物件も出てきました。

敷金・保証金

契約時にお金を預け、賃料の支払いが滞ったときや部屋を破損したときなどのなどのためのものです。
住宅であれば賃料の1〜2ヶ月分が相場となっています。

基本的に敷金は退去時に返還されるお金です。ただし、敷金償却や敷引などの取り決めがある場合は返ってこないこともあります。

退去時のトラブルがよくある敷金のトラブル。ルールを把握しておくことが大切です。

仲介手数料

不動産会社を通して賃貸不動産と契約すると、大抵の場合かかるのがこの仲介手数料です。

手数料無料の不動産会社もありますが、多くの不動産会社が仲介手数料を賃料の1ヶ月分+消費税としています。

仲介手数料の支払額
賃貸の仲介手数料はいくら?上限金額と手数料無料の理由について

部屋を借りるときに、不動産会社に払う仲介手数料には上限があるのを知っていますか? ちゃんと法的に上限金額が決まっており、 ...

続きを見る

保証料

保証会社を利用する場合にかかる費用です。

各保証会社、物件等により保証料は変わってきます。

鍵交換代

防犯のため、住人が代わるときは鍵の交換をその都度します。そのための費用です。

鍵の交換をしていないと、以前住んでいた人が合鍵を作っていた場合、勝手に侵入することも可能です。鍵の交換がされているかは確認が必要です。

保険

火災保険、家財保険に加入します。

万が一のときのため、加入が必須となっている物件が一般的です。

クリーニング代

入居時にクリーニング代を支払う場合もあります。

何に対するクリーニング代かを確認しておきましょう。(退去時のクリーニングか、どこまでクリーニングするかなど)

その他一時金

その他にも、契約に関する書類作成費などの名目で手数料を取る場合もあるようです。

いついくら支払うの?

上記の諸費用を契約時、入居前に支払うことになります。

例えば下のような条件でも、ざっと計算して賃料の3ヶ月分程度以上の支払いを契約時にしないといけないことになります。

(例)

  • 賃料1ヶ月分
  • 礼金1ヶ月分
  • 敷金1ヶ月分
  • その他諸経費

実際は敷金や礼金が2ヶ月分だったりする場合もあるので、もっと大きい金額になるということです。

その他にも引越しするとお金がかかる

上のような貸主や不動産会社などに支払うお金以外にも、部屋を借り引越すとなるとお金がかかってきます。

引越し代

荷物の多い少ないはありますが、引越すとなるとそれなりのモノの移動があります。

少なければ、自家用車やレンタカーを利用し自分で引越し作業をすることも可能です。
一般的には引越し業者に依頼するケースも多く、そのためにの費用は家具や荷物の量により変わってきます。

少しでも金額を下げるためには、数社に相見積もりを取るのがおすすめです。金額を競わせることもできますし、金額の正確性を確認することもでき納得してお願いできます。
大手の引越し業者の相見積もりをとるのであれば下記サイトがおすすめです。
引越し達人セレクト

家具・家電代

引っ越しに合わせて古くなった家具や家電を買い換える人も多いでしょう。

それに伴い、古くなったものを処分する費用もかかってくるのも忘れずに。

その他備品

その他にも細かい生活雑貨や備品を新しく買わなくてはいけません。

まとめ

賃貸マンション・アパートなど部屋を借りる場合にかかる費用を紹介しました。

賃料以外にもいろいろな費用があることが分かります。

予算を決める際に賃料のみを見ていると、思っていた以上に費用がかかることに驚くはずです。契約時に必要な費用がこれだけあるということは引越し前に把握しておくことが必要です。

引っ越しの際は賃料の6ヶ月分以上の余裕を持っておかなくては、引っ越したと同時に極貧生活が待ち構えていることになります。それでは何のための引っ越しか分からなくなります。

部屋探しの際は、まずどれだけの費用が必要になるのか、引っ越した後の生活に支障がないかなど総合して予算組をすることをお勧めします。

ホシイさん
いろいろあって目が回る。新しい家具買うの諦めないと…。

スマイノさん
初期費用がこれだけかかるからこそ、部屋探しは慎重にしなくてはいけませんね。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-部屋を借りる

Copyright© SUMAINO-BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.